大田区で近くに住んでいた義父が亡くなり葬儀を急ぎ手配しました

病院から葬儀まで

病院に運ばれた義父はその後死亡が確定し、私たちは廊下で待つことになりました。
義母も夫もまだ呆然とするばかりで涙を流したりはしていませんでしたが、急なことだったのでぼんやりと座っているだけです。
私はそれ以前に実父を亡くしていましたから、この後病院から何を聞かれるのか経験がありました。
そこで二人にこの後何が始まるのか知っているかと尋ねたところ、二人共経験がないので知らなかったため教えることになりました。
病院では人が亡くなると、その家族はどこの葬儀社に連絡を入れるかと尋ねられます。
ですから日頃から予定していたところがあれば、そこへの連絡をお願いすれば良いのです。
けれどもそういった手配をしっかりと行っている家族は少ないもので、どこの葬儀社にするか聞かれて通常は慌ててしまいます。
義父のときもまだまだ先のことと誰もが思っていたのか、依頼する葬儀社を全然決めていませんでした。
そのためよく宣伝を目にしていた大田区の葬儀社に頼むことにして、そこからの迎えを待つことになったのです。
しばらく待つうちに迎えが来て義父が運ばれることになったので、私たちも自家用車二台で追いかけて行きました。
それが夜中のことだったでしょうか、眠い目をこすりながら急ぎ棺桶を選んだり、葬儀のプランを選んだり、手慣れた業者に聞かれるままに手配は進んでいきました。
人間は亡くなるときには時間を選んだりしませんから、このように夜中にあれこれしなければならないこともあるのだと実感したものです。
そうこうするうちに手際の良い業者が手配を行ってくれたお陰で、やっと一時的に開放されて家に戻れることになりました。
いろいろと途中でも大変なことがありましたが、最後は滞りなく葬儀を終えることが出来たのはまったく幸運としかいいようがないと感じる今日このごろです。

夜、実家からの電話。うろたえる義母。病院から葬儀まで

大田区で近くに住んでいた義父が亡くなり葬儀を急ぎ手配しました板橋区で葬儀